買い物あれこれの続き ONKYO H500BTW

通勤時はもっぱら音楽を聴いています。ちなみにドアツードアで1h50m、乗り換え回数6回なのでややエクストリーム通勤気味です(注)。1日の歩数は11000-13000歩くらいで厚生省オススメの健康指標の8500歩を余裕でクリアしてます。

便利だった有線のイヤホン端子が廃止されてしまったiPhone7 Plusに乗り換えてそろそろ数ヶ月。付属のLightning-ステレオミニプラグ変換は相当しょぼいDACしか載せていないようで、音は5時代よりはっきりと悪くなっていました。当初の予定では首掛け+カナル型の準純正的なbeatsxを買うつもりでしたが、販売延期で長いこと待たされ、出てきてみれば専用開発のW1チップによる高レスポンス接続は高評価なものの、音が軽くて微妙とのレビュー記事も多く少し冷めてしまいました。Appleストア以外では品薄で近場では店頭で試聴出来なかったのも痛かったです。待っている間のとりあえずの繋ぎということで少し前に既存の有線イヤホン(オーディオテクニカ製ATH-CKR3i)にAAC対応のBTレシーバー、エレコム製のLBT-PAR150を追加してお気軽ワイヤレス化したところ予想以上に使い勝手が良く、今回新たにBTヘッドフォンも追加してみました。町田のヨドバシカメラで購入候補の幾つかをペアリングして試聴した結果、以前から気になって居たONKYOのH500BTに決定。ヘッドフォンやイヤホンは本当に製品数が多くてこれという一台を選ぶのはなかなか大変だったりします。今回も良いものは他にもまだまだありそうな状態でしたが、この機種は音以外にもほどよい締め付けの装着感、畳んだ時のコンパクトさと今使っている鞄への収納性、軽さで優れており総合的にまとまっている感じでした。あとONKYOは個人的に昔から好きなメーカーなのもあります。ONKYO製品は派手さはないけれど堅実で温かみのある音の作りが特徴だと思います。今回調べたところいつの間にかPioneerと合併していてちょっと驚きましたが。

黒が欠品中でしたが4/2までのフェアでポイントが+5%だったこともあり品番末尾Wの白にしました。見た目はとても良くApple製品ともよく似合いそうですが、実用上は汚れが目立つかが少し心配です。
優柔不断だとお買い物も大変です。ふー

イヤホン・ヘッドフォンに関しては他のオーディオ機器と同様に沼が深いようなので深淵を覗き込むような真似はせずほどほどに済ませようと思います(自戒)。とはいえもう少しくらいは足を踏み入れて水辺で探索くらいはしてみても良いかな?とも思っているので、そのうちまた別記事で取り上げる機会もあるかもです。

エレコムLBT-PAR150とオーディオテクニカATH-CKR3iの組み合わせ
PAR150はAACコーデックでの伝送に対応しているので値段やサイズの割には良い音をだしてくれたのが意外でした
3iはコンパクトボディで装着感が良く音のバランスも良いのですが、音の抜けや透明感は今ひとつで上位機種に劣ります
ONKYO H500BTW
4/2に町田のヨドバシカメラで購入

1週間ほど「返品して別のものを買おうか…」とウダウダと悩んだ末に諦めて開封しました(笑)

右側はタッチパネルで操作するスタイルです。お洒落さん。
逆に超密集のピーク時間帯の通勤列車内は接触による誤動作も起きそうで止めておいたほうが良さそう。
音漏れも結構あります。

注:エクストリーム通勤
私の脳内設定・アンサンクロペディアの項目共に「スポーツの一種」という扱いです。

コメント

このブログの人気の投稿

ロードバイク ダブルとトリプル

スコーピオン2014 製作編2 オイルダンパー他

Radac RD-1000 再改修その2 Deore MT-60クランクの分解清掃